ルテインはなぜ目に良いと言われているのか?

ブルーベリーが目に良いことは有名は話ですが、最近ではさまざまな栄養素が良いとして注目されるようになりました。

ルテインは目の機能や疾患に効果があると言われている成分です。この成分はカロテノイドの一つです。

カロテノイドは、かぼちゃや人参など色の濃い緑黄色野菜に含まれる栄養素で色素成分になります。

特にほうれん草やブロッコリーなどに含有量が多いことが知られています。

ルテインはどんな働きをするのかをチェック!

また役割としては、強い抗酸化作用があります。人の体の中では瞳の中にある水晶体と、網膜の中心にある黄斑部という部分に蓄積されることが分かっています。

黄斑部は、ものを見る機能の中枢とされる程重要な役割を持っています。何百という光を受け取る細胞が存在していて、その為光に含まれる紫外線などによる酸化をとても受けやすい場所なのです。

この黄斑部が光の酸化のダメージを受けると、蓄積されていたルテインが必要に応じて働くことで消費されます。

酸化とは、活性酸素という活発になった酸素が引き起こすと言われていますが、体の様々な部分や機能を老化させる物質とされています。目の酸化によるダメージを守ってくれるのがこのルテインなのです。

目の酸化が様々なトラブルを引き起こす

反対にこの成分が不足してしまうと、水晶体や網膜が、酸化によるダメージを直接受けることになってしまいます。

その結果、水晶体が白濁してしまい視界が曇ったり物が何重にも見えてしまう白内障や視野が欠けたり物が歪んで見え、最終的に失明の可能性もある黄斑変性症といった病気のリスクが高くなることが近年分かってきました。

これらの病気は加齢が原因とされ、主に高齢者が発症するものまたは欧米先進国に多く日本では患者数がそれほど多くないとされてきましたが、最近では日本国内でも患者数が増え30〜40代の若い世代でも発症するようになってきました。

その原因として食生活の欧米化があり、肉食中心で緑黄色野菜の摂取不足と体内で作られるルテインの量が不足していることが考えられています。

日常生活のなかで知らないうちに目にダメージを与えているのを認識していますか?

普段屋外で紫外線を浴びる機会が多い人や、緑黄色野菜をあまり摂取できていない人は特に不足になりやすいため注意が必要です。最近ではパソコンやスマートフォンなどに触れら機会が多い人も増えているためそのような場合も積極的にこの成分を摂取していきましょう。

この栄養素は人の体内で生産することができない為、不足とならないためにはバランスの良い食生活が大切になります。

ほうれん60gほどで1日に必要とされる所要量を満たすことができると言われています。

目の健康のためにも、ルテインを摂取することはとても大切なのです。

ルテインはサプリメントも上手に活用して摂取しよう

ルテインは出来るだけ毎日、定期的に摂取することを推奨しますが、人によっては食材だけから摂るのは難しいというケースもあるでしょう。

そこで、上手に活用したいのがルテインを豊富に含んだサプリメントです。

ルテインが主成分のサプリメントの例:ルテインサプリのおすすめは?目のサプリの効果を徹底比較

上記のページでいくつかピックアップされているルテインサプリには、主成分のルテインはもちろん、アスタキサンチンも豊富に含まれていますので、目の疲れやピントが合わなくなってきたという方は一度試してみると良いでしょう。

このように、いまは様々な方法でルテインなどの目に良い成分を摂ることが出来ますので、少しでも目の健康に気を使うのであれば摂取してみることをおすすめします。