ルテインが含まれているサプリにはどの様なものがある?

ルテインが含まれているサプリにはどの様なものがある?

ルテインは実は人間の体内にも存在している成分です。乳房や大腸、そして瞳の黄斑部や水晶体に存在していると言われています。

乳房や大腸と言うのは、外部に剥き出しになることがない部分です。これに対して瞳と言うのは、瞼を閉じている時以外は、常に外部に剥き出しになっている部分です。

そのため非常にダメージを受けやすい部分とも言うことができるのですが、そのダメージから瞳の機能を守る役割をルテインは果たしています。

その特徴は、非常に抗酸化に優れていると言う点です。抗酸化力と言うのは、活性酸素に対抗する力のことです。

目の健康のキーワードは活性酸素

活性酸素は紫外線を浴びたり、物理的なダメージを受けることで体内に発生する、とても強い酸化力を持った物質のことです。

活性酸素が大量に発生すると、これは細胞を酸化させてしまいます。酸化してしまった細胞は本来の機能を果たすことができなくなってしまうため、健康や美容に対して様々な影響が出てくると考えられています。

瞳の場合、日光やパソコン、スマホ画面のブルーライトによる紫外線ダメージには、常にさらされている状態です。

そのため活性酸素によるダメージは発生しやすく、それによって瞳の細胞が傷つけられることで発生し得るのが、黄斑変性症や白内障と言った眼病であったり、目の炎症であると言われています。

しかし瞳に、活性酸素に対抗する力を持ったルテインが存在しているお陰で、活性酸素によるダメージは抑制されますし、眼病や炎症のリスクも低くなると言うことができます。

ただしこの成分は体内で合成することができない成分であり、また加齢と共に、その量は減少すると考えられています。

黄斑変性症や白内障と言った眼病のリスクが、年齢を重ねるごとに高くなっていくのは、こうしたことが関係しているためとも言われています。

そのため瞳の健康のことを思うのであれば、外側からサプリ等でこの成分を補うことが望ましいです。

めなりなどの市販製品でルテインを摂取してみよう

この成分が含まれているサプリとしては、まずはめなりが挙げられます。めなりにはこの成分以外にも、瞳の健康維持に対しての効果が期待できるビルベリーが配合されていますから、より瞳に対しての良い作用が期待できます。

またルテインαにも、その名称通り、この成分がたっぷりと含まれています。こちらは、この成分の含有量に特化したサプリで、その量は1粒でにんじん約31本分にものぼります。

更にルテイン光対策も、これを含むサプリメントのひとつとして挙げられます。こちらにも、瞳の健康に効果的なカシスエキスやメグスリノキエキス末が配合されているので、瞳のトータルケアが行えます。

luteinjiten